出典:デジタル大辞泉(小学館)

romanticism》18世紀末から19世紀にかけて、ヨーロッパに興った芸術上の思潮。古典主義合理主義に反抗し、感情・個性・自由などを尊重、自然との一体感、神秘的な体験や無限なものへのあこがれを表現した。文学ではシュレーゲル兄弟・ホフマンワーズワースバイロンラマルティーヌユゴーら、絵画ではジェリコードラクロワら、音楽ではシューベルトシューマンショパンらがその代表。日本では、明治中期の「文学界」「明星」などを中心に展開した文学運動をさす。浪漫主義。ロマンチシズム。ロマンチスム。