出典:デジタル大辞泉(小学館)

[代]一人称の人代名詞。われ。わたくし。
    1. 「大野山霧立ち渡る―が嘆くおきその風に霧立ち渡る」〈・七九九〉

[接頭]名詞・代名詞に付く。
  1. 親愛の情を表す。「―おとこ」「―ぎみ」

    1. 「保つべき様を知らねば、―主の為には益 (かひ) あらじ」〈今昔・二七・四〇〉

  1. 軽んじあなどる気持ちを表す。

    1. 「―法師めが、人あなづりして」〈著聞集・一〇〉