出典:デジタル大辞泉

  1. 四季の第三。の間で、日本では9・10・11月をいう。暦の上では立秋から立冬の前日まで(陰暦の7月から9月まで)をいい、天文学では、秋分から冬至まで。昼が短く、夜が長くなる。この季節は涼しくさわやかで五穀や果物の収穫期でもある。しかし、一方では台風前線の影響で雨が降りやすく、「秋の空」など変わりやすいことのたとえにされる。やがて木々は紅葉し、草花は枯れて、冬へ向かう。 秋》「―深き隣は何をする人ぞ/芭蕉

  1. 盛りを過ぎること。終わりに近づいていること。「天下の秋」「人生の秋」

  1. 和歌などで、男女の仲の冷める意味で「飽き」に掛けて用いる。

    1. 「かりそめにおく露とこそ思ひしか―にあひぬる我が袂 (たもと) かな」〈山家集・下〉

[補説]暑さの厳しい夏を過ごして、さわやかな秋になると人々の活力も回復し種々な面での活動も盛んになる。それを表現して「芸術の秋」「読書の秋」「食欲の秋」「実(稔)りの秋」「スポーツの秋」などといわれる。また、特別重要な時期の意で用いられる「危急存亡の秋」などの場合は「秋」を「とき」と読む。
書名別項。→