出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「わきだて」の音変化》鎧 (よろい) の付属具。右脇の引合 (ひきあわせ) をふさぐために用いる。壺板 (つぼいた) と草摺 (くさずり) からなる。脇当 (わきあて) 。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉