出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、羽織・袴 (はかま) に粗末な両刀をさし、天狗 (てんぐ) の面をつけ、「わいわい天王騒ぐがおすき」などと言って、牛頭 (ごず) 天王のお札を扇であおいでまき散らし、家々を回って金銭を乞うた者。