出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 日本流の漢字音。平安時代までは、正音とされた漢音に対して呉音系の音をいう。また、漢音・呉音以外の慣用音をいうこともある。

  1. (和音)二つ以上の高さの異なる音が同時に鳴るときの合成音の響き。和弦。コード。かおん。

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉