(あき)の鹿(しか)は笛(ふえ)に寄る の意味

  1. 《発情期である秋の鹿は鹿笛にもすぐに近寄ってくるところから》弱点につけ込まれて利用されやすいことのたとえ。