出典:デジタル大辞泉(小学館)

福井県小浜地方から産する漆器。下塗りした上に卵殻の粉末やもみがらで模様をつけて色漆を塗り、金銀箔を施したのち透き漆を塗って研ぎ出したもの。慶長年間(1596~1615)に創案され、万治年間(1658~1661)に大成。