出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]

  1. 自分が住む山。

    1. 「阿耨多羅三藐三菩提 (あのくたらさんみゃくさんぼだい) の仏たち―に冥加 (みゃうが) あらせ給へ」〈新古今・釈教〉

  1. 1の伝教大師の歌が、比叡山 (ひえいざん) 建立のときの歌と伝えられるところから》比叡山の異称。

    1. 「おほけなく憂き世の民におほふかな―に墨染の袖」〈千載・雑中〉