出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 元旦に初めてくむ水。1年の邪気を除くとされ、この水で年神への供え物や家族の食べ物を調える。 新年》「―のよしなき人に汲まれけり/一茶

  1. 昔、宮中で、立春の日に主水司 (しゅすいし) から天皇に奉った水。