出典:デジタル大辞泉(小学館)

その方ばかりを見て。心を散らさず一心に。「脇目も振らずに歩く」「脇目も振らず働く」

[補説]「脇見も振らず」とするのは誤り。