• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あぎ【×腭/顎】 の意味

  1. あご(顎)の古名。あぎと。〈和名抄
  • 名詞
  • あぎ【×腭/顎】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ お蓮は涙を隠すように、黒繻子の襟へを埋めた。

      芥川竜之介「奇怪な再会」

    • ・・・ のあたりゆたかに艶よきおとよさんの顔は、どことなく重みがあった。

      伊藤左千夫「隣の嫁」

    • ・・・しなやかに光沢のある鬢の毛につつまれた耳たぼ、豊かな頬の白く鮮かな、のくくしめの愛らしさ、頸のあたり如何にも清げなる、藤色の半襟や花染の襷や、それらが悉く優美に眼にとまった。

      伊藤左千夫「野菊の墓」