出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 退屈しのぎの戯れにすること。

    1. 「高が皆手づまの―小説の下手なのなり」〈露伴・新浦島〉

  1. やけになること。自暴自棄。

    1. 「継母がかりの―に、悪性狂ひも出で来るぞと」〈浄・冥途の飛脚

[感]自暴自棄になって発する語。ええ、ままよ。どうともなれ。
    1. 「何の―、死は一つだ。寧 (いつ) そ寂然 (じっ) としていた方が好い」〈二葉亭訳・四日間〉

出典:青空文庫