出典:デジタル大辞泉(小学館)

古く中国から伝わり、江戸時代に関孝和 (せきたかかず) らにより独自に発展した日本古来の数学。方程式論や行列式に相当する点竄 (てんざん) 術円周率や円の面積を扱う円理など。明治維新のころまで隆盛。新たに移入された西洋の数学を洋算とよんだのに対していう。