• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

わ‐しゅう〔‐シフ〕【和習】例文一覧 2件

  1. ・・・蕪村の字支那の書風より出でてやや和習あり。縦横自在にして法度にかかわらず、しかも俗気なきこと俳画に同じ。 蕪村の文章流暢にして姿致あり。水の低きに就くがごとく停滞するところなし。恨むらくは彼は一篇の文章だも純粋の美文として見るべきものを・・・<正岡子規「俳人蕪村」青空文庫>
  2. ・・・しかし君の書いたドイツ文には漢学者の謂う和習がある。ドイツ人ならばそうは云わぬと、私が指してきする。君が服せぬと、私は旅中にも持っている Reclam 版の Goethe などを出して証拠立てる。こんな応対がなかなか面白いので、私も君の来る・・・<森鴎外「二人の友」青空文庫>