出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]わづらは・し[シク]《動詞「煩う」の形容詞化》
  1. 心を悩ましてうるさい。面倒で、できれば避けたい気持ちである。「近所付き合いが―・い」「雨の日は出掛けるのが―・い」

  1. こみ入っていて複雑である。「―・い事務手続き」

  1. 気がおかれる。気をつかわせられる。

    1. 「やむごとなく―・しきものに覚え給へりし大殿の君」〈・賢木〉

  1. からだのぐあいが悪い。病気である。

    1. 「年久しくありて、なほ―・しくなりて死ににけり」〈徒然・四二〉

[派生]わずらわしがる[動ラ五]わずらわしげ[形動]わずらわしさ[名]

出典:青空文庫