出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]

  1. 輪状に曲がって巻いている。とぐろを巻く。「―・っている蛇」

  1. 入り組んで複雑に絡み合っている。「老松の根が―・っている」

  1. 心に不平・不満・不安などがあって晴れ晴れしない。「不吉な予感が胸に―・る」

  1. かがんでうずくまる。また、しっかりと根をはる。蟠踞 (ばんきょ) する。

    1. 「あたかも毘留遮那大仏が虚空に―・っているような雪峰で」〈河口慧海・チベット旅行記〉

  1. 盗んで自分のものとする。横領する。

    1. 「主人の金子 (きんす) を―・り」〈浄・歌念仏〉

出典:青空文庫