あき‐あき【飽き飽き】 の意味

  1. [名](スル)十分すぎたりくどかったりして、すっかり嫌になること。うんざりすること。「長い祝辞に飽き飽きした」
  • 名詞