出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動カ五(四)]

  1. 恐怖・緊張・寒さなどのためにからだがふるえる。「怒りのあまり―・く」

  1. 声や楽器の音などがふるえる。

    1. 「ただ泣きに泣きて御声の―・くもをこがましけれど」〈・行幸〉

  1. ちぢれる。そそける。

    1. 「髪なども…所々―・きちりぼひて」〈・八三〉

  1. 動揺する。ざわざわと動く。

    1. 「下﨟の物見むと、―・き騒ぎ」〈落窪・二〉