出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 神社仏閣の堂前に、布を編んだ太い綱とともにつるしてある円形の大きな鈴。中空で下方に横長の裂け目がある。参詣者が綱を振って打ち鳴らす。

  1. 人の横に広い口をあざけっていう語。

    1. 「頭の禿げ上がった―の五十男に」〈荷風つゆのあとさき

  1. がまぐち。

    1. 「芳太郎も―から金を出して」〈秋声・足迹〉

  1. きわめて危険な場所・場合。虎口 (ここう) 。

    1. 「―の死を遁れしも」〈太平記・二〉

  1. 恐ろしい世間の口。

    1. 「世の―に乗るばかり」〈浄・天の網島

  1. 馬具の鞍橋 (くらぼね) の部分名。前輪後輪 (しずわ) の内部下縁の刳 (く) り形のところ。州浜 (すはま) 。

出典:青空文庫

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉