出典:デジタル大辞泉(小学館)

中国南北朝時代の「宋書」などの史書に記載される讃・珍・済・興・武の五人の国王。讃は応神あるいは仁徳履中、珍は反正あるいは仁徳、済は允恭、興は安康、武は雄略の各天皇に比定されている。