出典:デジタル大辞泉(小学館)

さびしく悲しそうに鳴くこと。

「秋萩の散り過ぎ行かばさ雄鹿は―せむな見ずはともしみ」〈・二一五二〉