出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ワ五(ハ四)]

  1. 喜び・うれしさ・おかしさ・照れくささなどの気持ちから、顔の表情をくずす。また、そうした気持ちで声を立てる。「腹を抱えて―・う」「目だけが―・っている」

  1. (「嗤う」とも書く)あざけりばかにする。嘲笑 (ちょうしょう) する。「一円を―・う者は一円に泣く」「間の抜けた失敗をして―・われる」

  1. (「笑ってしまう」「笑っちゃう」の形で)あまりひどくて、相手にするのもばかばかしいほどである。「何でも知っていますというあの態度は本当に―・っちゃうね」

  1. 花のつぼみが開く。また、果物が熟して裂ける。「栗が―・う」

  1. 春になって、芽が出たり花が咲いたりして、明るいようすになる。俳句など、文学的表現に用いる。「山―・う」

  1. ゆるんだりほどけたりする。ほころびる。また、足取りがしっかりしなくなる。「歩き疲れて膝が―・う」

[可能]わらえる

出典:gooニュース

出典:青空文庫