出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 束ねないで、垂らしたままの髪。童形の髪。また、そうした10歳前後の子供。童児。また、童女。わらべ。

    1. 「清げなる―(=童女)などあまたいで来て」〈・若紫〉

  1. 使い走りの子供。召使い。

    1. 「例の御文つかはさむとて、―参りたりやと問はせ給ふほどに」〈和泉式部日記

  1. 五節 (ごせち) の童女 (わらわ) 」に同じ。

    1. 「(天皇ガ五節ノ舞ヲ)御覧の日の―の心地どもは、おろかならざるものを」〈紫式部日記

  1. 寺院で召し使う少年。

    1. 「―の法師にならんとする名残とて」〈徒然・五三〉