出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]
  1. 強い力を加え固体の物をいくつかに分けて離す。「茶碗を―・る」「クルミを―・る」「まきを―・る」

  1. ある物をいくつかの部分に分ける。「土地を三つに―・る」「部屋を―・って使う」

  1. まとまっているもの、組織などを分裂させる。「党を―・る」

  1. 押し分けて間を離す。「両者の間に―・ってはいる」

  1. そろえた両膝の間を空ける。「膝を―っ・てしゃがむ」

  1. 割り算をする。除する。「六を二で―・る」

  1. 分けて与える。配分する。割り当てる。「それぞれに役を―・る」「頭数で―・る」

  1. 他の液体にまぜて濃度を薄める。「ブランデーを水で―・る」

  1. 心のうちを隠さずにすっかり出す。うちあける。また、白状する。「腹を―・って話す」「口を―・る」

  1. 10 一定数に達しないで下回る。ある水準以下になる。「志願者が定員を―・る」「仕入れ値を―・る」

  1. 11 きまった範囲の外に出る。「土俵を―・る」

  1. 12 (サッカーなどで)ラインをこえる。「ボールがタッチラインを―・る」

  1. 13 突き当たったり切ったりして傷をつける。できた傷の部分を開いた状態にする。「激しい申し合いで額を―・る」

  1. 14 (相撲で「腰をわる」の形で)足を開き膝を曲げ、体をまっすぐにした姿勢で腰を低くする。「腰を―・って寄る」

  1. 15 追い求めて捜し出す。つきとめる。「ほしを―・る」

  1. 16 手形を割り引く。「手形を―・る」

  1. 17 わけを細かく説明する。

    1. 「―・っつ砕いつ𠮟れども」〈浄・冥途の飛脚

[可能]われる
[動ラ下二]われる」の文語形。

[生活/その他]カテゴリの言葉

[数学/数学の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース