出典:デジタル大辞泉(小学館)

中世および近世における賤民 (せんみん) 身分の一。江戸時代には非人 (ひにん) とよばれた人々とともに士農工商の下におかれ、居住地も制限されるなど、不当な差別を受けた。主に皮革業に従事し、犯罪者の逮捕や罪人の処刑などに使役された。明治4年(1871)の太政官布告で法的には平民とされたが、なお「新平民」とよばれた。社会的差別は今も残存している。→部落解放運動

[補説]中世以降、差別視して「穢多」の字をあてた。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉