出典:デジタル大辞泉(小学館)

自分こそはと勢い込んでいうときに用いる。「我こそはと進み出る」