出典:デジタル大辞泉(小学館)

自分こそはと、気負ったりうぬぼれたりする。

「所につけて―・ひたる女房の」〈・三〉