出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]

《格助詞「を」+係助詞「や」》疑問を表す。…を…(だろう)か。
    1. 「水の落ち足(=水ガ引キハジメルノ)―待つべき」〈平家・九〉

《間投助詞「を」+間投助詞「や」》
  1. (活用語の連体形に付いて)強い感動・詠嘆を表す。…(だ)なあ。…ことよ。

    1. 「もてひがみたること好み給ふ御心なれば、御耳とどまらむ―、と見たてまつる」〈・若紫〉

  1. (名詞・助詞に付く。「いわんや…(において)をや」の形で)反語表現の文を強調する意を表す。まして…においてはなおさらである。…はいうまでもないことである。

    1. 「いかにいはんや、七道諸国―」〈方丈記

[補説]2は漢文訓読からの用法。