出典:デジタル大辞泉(小学館)

1970年代に米国のマイロン=クルーガーが提唱した、音響や映像によって人工的に作られる現実感。もとはインタラクティブアートの分野で用いられた用語だが、現在はバーチャルリアリティーとほぼ同じ意味で用いられる。人工現実。AR。→バーチャルリアリティー