出典:デジタル大辞泉(小学館)

赤外線通信を利用した近距離データ通信の規格。NTTドコモ、シャープ、ITXイーグローバレッジ(現イーグローバレッジ)、早稲田大学により共同開発。平成17年(2005)に業界団体IrDAにより標準化された。従来の赤外線通信規格であるIrDAを大幅に高速化したもの。→アイ‐アール‐エス‐エス(IrSS)