出典:デジタル大辞泉(小学館)

Agia SophiaΑγα Σοφα》ギリシャ北部の港湾都市テッサロニキにあるギリシャ正教の教会。8世紀の建造とされ、バシリカ式とギリシャ十字式の中間的な平面構成をもつ。また、聖像禁止令の影響が強い、いわゆる暗黒時代におけるビザンチン建築の数少ない作例の一つとして知られる。9世紀、および12世紀に作られたモザイクが残っている。オスマン帝国時代にはモスクとして使用された。1988年に「テッサロニキの初期キリスト教とビザンチン様式の建造物群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。