出典:デジタル大辞泉(小学館)

ギリシャ東部、エーゲ海に浮かぶコス島の北東部にある遺跡。古代ギリシャの医術の神アスクレピオスの聖域であり、医師ヒポクラテスが創設した治療院、医学校があった場所と考えられている。ドリス式イオニア式の神殿のほか、古代ローマ時代に造られた浴場の跡などが残っている。アスクレピオスの遺跡。
トルコ西部の都市ベルガマ(古代都市ペルガモン)にある遺跡。古代ギリシャの医術の神アスクレピオスの聖域であり、治療院、劇場、図書館などがあったと考えられている。

[世界史/南アジア・西アジア・アフリカ史]カテゴリの言葉

[世界史/ヨーロッパ・南北米史]カテゴリの言葉