出典:デジタル大辞泉(小学館)

Naos tou ApollonaΝαός του Απόλλωνα

ギリシャ中部、パルナソス山麓の古代都市デルフォイにある神殿。紀元前6世紀に建造。火災や地震の被害を受けて、その都度再建された。現在は紀元前370年頃の遺構があり、6本の柱が復元されている。幅23メートル、長さ60メートルのドリス式の神殿で、古代ギリシャで最も重要な神託所となった。1987年に「デルフォイの考古遺跡」として世界遺産(文化遺産)に登録された。
ギリシャ南東部、エーゲ海に浮かぶデロス島にある神殿跡。ギリシャ神話の太陽神アポロンを祭る。紀元前5世紀から紀元前2世紀にかけて建造。同島の大理石を使ったドリス式の神殿だったが、現在は土台の一部のみが残されている。この神殿跡をはじめとする数多くの遺跡があり、1990年にデロス島が世界遺産(文化遺産)に登録された。