出典:デジタル大辞泉(小学館)

電界の作用を受けて、イオン結晶内の正負イオン(塩化ナトリウムならば、Na、Cl)の位置が変位することで生じる誘電分極。特に電子の移動に伴う電子分極に対していう。