あき‐がい〔‐がひ〕【秋買ひ】 の意味

  1. 冬に売る品物を秋に仕入れておくこと。
    • 「先も見えぬ―に、十五貫目の前銀取り」〈浄・万年草
  • 名詞