出典:デジタル大辞泉(小学館)

地球から約3億キロ離れた距離に位置する、太陽系小惑星。長径約540メートルで、海面に浮かぶラッコのような形。平成17年(2005)に日本の小惑星探査機はやぶさが到達。岩石質の微粒子を採取して帰還した。

[補説]名称は「日本のロケット開発の父」とよばれる工学者糸川英夫に由来。1998年に米国マサチューセッツ工科大の研究チームによって発見されたが、はやぶさの探査対象となったことから、宇宙科学研究所が発見者に依頼し、2003年にイトカワと命名された。

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉