出典:デジタル大辞泉(小学館)

AiginaΑγινα》ギリシャ南部、サロニコス湾に浮かぶ島。サロニコス諸島に属し、最も人口が多い。中心都市はエギナ。本土のピレウスの南西約30キロメートルに位置する。古代名アイギナというポリス(都市国家)が成立し、紀元前5世紀のアフェア神殿、アポロン神殿などが残っている。ギリシャ独立戦争の際、1827年から1829年にかけて一時的に首都が置かれた。現在は海岸保養地として知られ、数多くの観光客が訪れる。アイギナ島。アイーナ島。