出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「角膜移植に関する法律」の略称》角膜移植術によって視力障害者の視力回復を図るために、死体から眼球を摘出する際に必要な事項を規定した法律。昭和33年(1958)成立。昭和54年(1979)角膜腎臓移植法の成立に伴い廃止。→臓器移植法