出典:デジタル大辞泉(小学館)

脂肪細胞の種類の一。白色脂肪組織から遊離した脂肪酸を取り込んでエネルギーを燃焼させ熱を生産する。首・肩甲骨の周囲などに少量存在する。乳幼児に比較的多く、成長とともに減少する。多胞性脂肪細胞。褐色脂肪細胞。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉