出典:デジタル大辞泉(小学館)

KarpathosΚάρπαθος》ギリシャ南東部、エーゲ海最南部に浮かぶ島。イタリア語名スカルパント島。ドデカネス諸島中、2番目に大きく、ロードス島とクレタ島の間に位置する。主な町はカルパトス(通称ピガディア)とオリンポス。古くから軍事的な要衝であり、ベネチア共和国、オスマン帝国の支配下に置かれた。1912年よりイタリア領、1947年にギリシャ領に復帰。伝統的な白壁の家並みと民族衣装で知られる。