出典:デジタル大辞泉(小学館)

越後国西蒲原 (にしかんばら) 郡月潟 (つきがた) 村(現、新潟市)から出て諸国を回っていた一人立ちの獅子舞獅子頭 (ししがしら) をかぶった子供が、親方の笛・太鼓に合わせて曲芸をして、銭を請うた。江戸中期から後期に盛行。角兵衛獅子。蒲原獅子。 新年》
地歌手事物 (てごともの) 。天明年間(1781~1789)に峰崎勾当 (みねざきこうとう) が作曲。市浦検校や八重崎検校が手を加えたものもある。歌詞はを題材にして越後名物をよみ込む。
歌舞伎舞踊長唄。篠田金次作詞、9世杵屋六左衛門 (きねやろくざえもん) 作曲。七変化「遅桜手爾葉七字 (おそざくらてにはのななもじ) 」の一つとして、文化8年(1811)江戸中村座で3世中村歌右衛門が初演。

出典:青空文庫