あき‐がた【飽き方】 の意味

  1. 嫌気が差してくること。飽きがきはじめた状態。
    • 「色好みける女、―になる男のもとに」〈伊勢・一三一〉
  • 名詞