出典:デジタル大辞泉(小学館)

嫌気が差してくること。飽きがきはじめた状態。

「色好みける女、―になる男のもとに」〈伊勢・一三一〉