出典:デジタル大辞泉(小学館)

頭蓋骨硬膜の間で出血が起こり、血液が貯留した状態。頭蓋骨の骨折を伴う場合が多い。受傷直後に発症する急性硬膜外血腫が多いが、数週間から数か月後に症状が現れる慢性硬膜外血腫などもある。

[補説]硬膜とくも膜の間で出血し血腫が生じた状態を硬膜下血腫という。