出典:デジタル大辞泉(小学館)

SamothrakiΣαμοθράκη》ギリシャ、エーゲ海北部の島。中心地はサモトラキ(またはホラ)。北西岸の港町カマリオティッサが本土のアルクサンドルーポリおよびカバラとフェリーで結ばれる。古代にはカベイロス神を崇拝する秘儀宗教の聖地だった。現在、ルーブル美術館に所蔵されるサモトラケのニケ像は、1863年にこの島で発見された。サモトラケ島。

[地理/外国地名/南ヨーロッパ]カテゴリの言葉