出典:デジタル大辞泉(小学館)

extensible 3D》インターネット上で三次元画像や三次元のアニメーションを表示するための規格。VRMLの後継にあたり、互換性がある。既存のVRMLのデータを表示することも可能。