出典:デジタル大辞泉(小学館)

赤外線の吸収スペクトルを測定して、試料中の元素の検出・定量を行う分析法。分子に固有の赤外吸収スペクトルの波長と強度から、物質の同定、定性分析、定量分析を行う。特に有機化合物の分析に用いられる。赤外線分光分析。