出典:デジタル大辞泉(小学館)

星形成領域に見られる分子流。ガスや塵が原始星に集まって円盤状になり、円盤と垂直な方向(原始星の回転軸の両極方向)に細く絞られた原始星ジェットを形成し、原始星から離れるに従い、周囲の物質を引きずって低温・高密度な分子流となる。速度は毎秒10キロメートル程度で、激しい質量放出を伴う。この二次的に形成された双極分子流を原始星ジェットと呼ぶこともある。分子双極流。双極ガス流。バイポーラーフロー。バイポーラーアウトフロー。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉