出典:デジタル大辞泉(小学館)

パーキンソン症状(筋肉の固縮・動作緩慢・歩行障害など)と大脳皮質症状(失行失語など)が同時に起こる病気。中年期以降に発症し、緩やかに進行する。一方の腕が思うように動かせない、動きが遅くなるなどの症状に続いて、同じ側の脚、反対側の腕・脚にも運動障害が起こる。前頭葉頭頂葉に萎縮が見られるが発症の機序は不明。パーキンソン病関連疾患として厚生労働省の特定疾患(難病)に指定されている。