出典:デジタル大辞泉(小学館)

明治6年(1873)明治政府が実施した秩禄放棄政策。秩禄を受給していた華族士族のうち希望者に対して、その何年か分にあたる金禄公債証書を与え、事業資金などに充てさせたもの。